スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥之院 大石順教尼の腕塚にお参り

  さすがに熟睡してすっきり目覚める。
  本堂でお勤めの後は毘沙門堂に移り護摩供養に参加させて
  いただく。
  目の前でお坊様の作法を拝見する。意味はわからないが
  所作に無駄がなく美しい。
  炉に少しずつ薪木を入れて燃やす、小さな火が徐々に高くなり
  天井にまで達する。
  先刻まで肌寒いくらいだったが、顔がかっかと熱くなる。
  火を見ると興奮し一種のトランス状態になる感じだ。
  自然と手を合わせて拝む。
  火がしずまると心も落ち着く。お加持をいただいてご本尊に
  お参りして終了。今日も良い一日となりそうだ。

  昨夜し残した写経にチャレンジ。
  確かに以前は半時間位で書き終えてた記憶があるのだが、
  なかなか筆が進まない。
  少し書いてはため息が出る。雑念ばかり浮かんでは消えて・・・
  順教先生はこれを口筆で書いてらしたと思うと、自分の
  不甲斐なさが情けない。
  一時間程でようやく書き上げる。たまに写経するのはあまり
  意味がない。これからは真剣に取り組もう、書の稽古にも
  なるし・・・。良い戒めをいただいた。
  
  貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
  恵向院さんの修行体験は人気があり1人で参加される方、  
  外国人も多いです。またお伺いします!



  では奥之院の腕塚に・・・

  緑がとってもきれい。昨夜とは大違い、癒される霊地だ。
  先日記念館の石についている地衣類に触れたが、
  奥之院の墓碑や木は地衣類の宝庫だ、時代を感じさせる。
  
     CIMG0146_convert_20110903125843.jpg



 
     CIMG0145_convert_20110903130156.jpg
      一の橋にも中の橋にも入口には大きな看板がある。
      大石順教尼の腕塚もマップに載っているので初めて参られる
      方もご安心を。
      腕塚のすぐ近くにお江の方の墓碑があるのでせっかくだから
      お参りする。こちらは一番石と言って、奥之院で一番大きな
      五輪の塔(仏塔)だ。墓地も広い・・・何故だかはまだ調べて
      いないけれど・・・。

     CIMG0133_convert_20110903125814.jpg
      順教先生!うれしくて突っ伏して泣いてしまう。
      一昨日大石雅美さんがお供えされた花がまだまだしゃんと
      している。
      雅美さんが腕塚のお掃除中に参拝してくださった方が、
      「順教尼のお孫さんですね」とたいそう驚くとともに
      喜ばれたそうだ。尼の写真をご覧になったことがある方なら
      雅美さんを見れば血のつながりは一目瞭然。それほどよく
      似ている。

    CIMG0140_convert_20110903125312.jpg
        
      順教先生10月にまた参ります。
      
      楽しい高野でのひと時ももう終わる。
      大阪は蒸せるような暑さなんだろうな。
      後ろ髪がひかれるが、
      やっぱり自宅が私の一番のパラダイス。
      高野で得た教訓をしっかり胸にたたきこんで
      一日一日を大切に生きよう。
      

      
    


  
  
  
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

プロフィール

九度山つるるん

Author:九度山つるるん
旧萱野家保存会(旧萱野家・大石順教尼の記念館内)にて活動中です。
大石順教尼の記念館 TEL0736(54)2411
〒648-0101
和歌山県伊都郡九度山町九度山1327

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。