スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慧善玄潭」夫妻を訪ねて

     
     久しぶりに慧善玄潭(えぜんげんたん)氏と奥様の英子様をお訪ねすることに
     なりました。あれよあれよと言う間に世界的な画家になられて、しかもお訪ねするのは
     大阪北浜の日本一背の高いタワーマンション(らしいです)の20階にある画廊です。
     厳しいセキュリティーを通りながら、なんだか敷居が高く変な緊張感が・・・。
      
     ドアを開けるとトイプードルのへたれちゃん(韓国語で悟りですって!)が走って
     お迎えに来てくれた途端に緊張がほどけ、窓から見える美しい眺望にうっとり。
     夜景も美しいでしょうね!
      慧善玄潭(えぜんげんたん)氏と奥様の英子様は相変わらず仲睦まじく慈愛に溢れ、
      懐かしさがこみ上げました。
      ご夫婦で九度山に度々お越しになり、6年間かけて完成された「両界曼荼羅」を
      しばらくお預かりしたことがあったのですが、あの大作を度々間近で拝見させて
      いただけた有難さを改めて実感しました。 
      
      
      両界曼荼羅は玄潭先生のホームページに掲載されています。
      ですが実物の緻密さは言葉や写真ではたとえようがありません。
            http://www.ezen.jp/gara_man.html
 
        玄潭先生は最近アールグラージュという版画を作られています。
    CIMG2755_convert_20130306130257.jpg
        
     特殊な画料と特殊な技法で制作された絵画で、簡単に言いますと
     ライティングを変化させることで、絵が昼から夜、夜から朝という感じに 
     変わるのです。好きな音楽と共に鑑賞することで、よりドラマチックになったり
     または心を落ち着かせるということもできます。
     アールグラージュは版画ですが一枚一枚に筆を入れるので、普通の版画よりは
     断然価値があると言えるでしょう。

     ライトを当てなくても一つの絵として完成されていますが、ライトを当てること、
     また音楽と共に鑑賞することで、楽しみの幅が広かる。21世紀のアートの革命と
     言われる所以です。

     この日はたくさんの玄潭先生の作品を先生がコーディネートした音楽と共に
     観賞(鑑賞?)いたしました。
   
     CIMG2759_convert_20130306130329.jpg
               「富士山」 パンフレットより


     CIMG2756_convert_20130306130314.jpg
               「三八波」 パンフレットより
      
       仏画ではない玄潭先生の作品を拝見したのは初めてなので
       新鮮でした。
       仏画の高尚さ、放つオーラの温かさは言わずもがなです。
        
        新作等玄潭先生のHPで新作等ご覧くださいね。                    
          http://www.ezen.jp/shin_usai.html<

          CIMG2763_convert_20130306130344.jpg
          玄潭先生の絵入り眼鏡拭き かわいい!
          先生はとても可愛らしいお地蔵さんの絵等もかかれます。
          どう見ても先生ご自身のお顔です!

       世界中でご活躍の先生、特に韓国・中国・日本の文化交流の懸け橋に
       なられて久しいです。政治的には今とてもセンシティブな状況にありますが、
       玄潭先生曰く文化交流は全く別だとか。所謂要人を個人的に日本に招いて、
       多くの日本人に会ってもらう。
       忙しい観光旅行では経験できない醍醐味を味わっていただくと、日本の良さ
       日本人の良さを素直に認めてくださるようです。
       
       北京に数ヶ月滞在されていると報道通り空気の汚染がひどく、空の見える日が
       数日しかないそうです。ですが玄潭先生の絵を愛し、国境を越え心から応援して
       くれる懐の深い人が多い国、それも中国です。
      
        これからもどうか良き架け橋であってください。
       

        
   

テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

九度山つるるん

Author:九度山つるるん
旧萱野家保存会(旧萱野家・大石順教尼の記念館内)にて活動中です。
大石順教尼の記念館 TEL0736(54)2411
〒648-0101
和歌山県伊都郡九度山町九度山1327

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。