スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回 此法会 「浅田慈照尼」のお話

 
   初夏のような陽気の中、宝塚に行って参りました。
   思えば緊急事態で真っ青になってしまった2月の此法会から
   早くも3か月が経過しました。その間に父はすっかり元気を
   取戻し、そして2月の会のおかげで繋がる美しいご縁の多さに
   驚き、心の高鳴りを抑えることができません。

     本日は歯に衣着せぬ語り口が大人気の「浅田慈照尼」の
     お話です。
      
      その前に、せっかく宝塚にお出かけしたのですから
      ランチタイムです。
    
     CIMG3625_convert_20130524134909.jpg
         会場「宝塚市立国際・文化センター」近くの
         日本料理「相生」さん

        私の慈母観音様(そんなにも年は離れていませんので
        慈姉観音様ですね)・宝塚にお住まいの三千緒様に
        ご案内いただきました。 

       CIMG3608_convert_20130524134948.jpg
       このほかにも天ぷら、ご飯、デザートまで堪能しました。 
       全て手作りで、少しずつ種類がたくさんあり、胃袋も脳も
       大喜び。お値段がまた良心的なので11時台から満席でした。
       さすがはお料理上手の三千緒様、お店のチョイスも完璧です。
       ありがとうございました。
      
      お腹がいっぱい!ですが学ぶ気持ちは満々です。
      本日のお題は
        真言(マントラ)はまじないか?
        「即身成仏義」を読む
       ~弘法大師の説く真言密教の教えを優しく説明~
         高野山真言宗 浅田 慈照尼 布教師
    
       約2時間精力的に浅田慈照尼が話された全ての内容は
       とてもお伝えできません。
       ぜひ慈照尼様の法話を直にお聞きくださいませね。

        CIMG3623_convert_20130524135016.jpg
         美しい尼様です。お師匠に「私の良いところは?と
         尋ねられると「声が良い、姿が良い(良さげに見える)」
         とご返答があったとか。(ユニークなお話がいっぱいです。)
         特に声を張らずとも、よく通る声をお持ちです。
         慈照尼は生まれ持った特性を無駄にされず、人様のために
         使われています。
         ごく一部、そして散れ散れですが、本日尼の口から発せらせた
         煌めくお言葉を紹介します。
         
         
        真言宗では自らが仏となり行をします。死して仏になるのでは
        なく生きながらにして成仏することを目指します。
         
         釈尊の教え
            「死んだあとのことは言ってはならない。」
            「経験できないこと(死ぬ事)は考えるな。」
            「この身にそうたことを考える。」
            「過去は振り返らない、この身、今この瞬間をどうするか。」
            
         原因ー縁ー結果
            全てのことには原因と結果がある。
            良い結果となるよう良い縁をもたらす生き方をする。

           きれいな花の種をまく
                    善行をなす
                       人のために働く
          
          一つ一つの言葉が尊敬する方々の思いと
          同じです。
       
           森信三先生「死んだあとのことは死んでから考える。」
         
             南正文先生「よろこびの種をまこう。」

               大石順教先生「死ぬまで人のお役にたちたい。」

     
       慈照尼は日々お釈迦様やお大師様のふりをし過ごされて
       いるそうです。
       最近まだ20代で大活躍している女性の著書を読んでましたら
       やはり理想の人を演じて過ごすことで、物事がうまく回って
       いると書いてらっしゃいました。自分を高める早道なのかも
       しれません。
       ふりをしてもうまくいかない時は数息観をされると慈照尼様。
       息を吐く時には自分が人にしてあげたことを思い出す、
       息を吸う時は自分にしてもらったことを思うそうです。
       してあげたことはいくらでも浮かぶと自嘲気味に話されましたが、
       さすがは仏道を歩かれている方だと感心しました。
       私の場合は真逆で、していただいていることが圧倒的に多く自己嫌悪に
       陥りがちです。そもそも眼・鼻・耳・舌・身・意(げん・にー・びー・
       ぜつ・しん・いー)をコントロールすべく行う数息観、私の場合は
       単純に数を数えるのがベターです。
    
       人様にしていただくことが多くなると、正直目覚めも悪く、自分なりに
       悩んでいたのですが最近少し前進できました。
       「笑顔」で接するのは簡単にできる「善行」なのだそうです。
       理想的=笑顔が似合う人を演じて一日一善です。
       まずは笑顔で自分からは負のオーラをだし人様に迷惑をかけない 
       ように努めます。
       本日ご一緒した三千緒様はご自宅でランチ会をされているのですが
       「愚痴・泣き言・悪口等」は禁止なのですって。毒で家が充満したら
       大事な家族が住めませんものと・・・。やはり慈姉観音様です。
       

       慈照尼様はお子様を幼くして亡くされています。「私は毒舌、
       私はいけずです。」ドキッとすることもおっしゃいますが、
       いばらの道も通ってこられた方。
       何度も何度も「人のために」という言葉を発せられました。
       またお話を聞かせていただけますように。 

     
                  
        

テーマ : 今日のしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

九度山つるるん

Author:九度山つるるん
旧萱野家保存会(旧萱野家・大石順教尼の記念館内)にて活動中です。
大石順教尼の記念館 TEL0736(54)2411
〒648-0101
和歌山県伊都郡九度山町九度山1327

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。